●長崎支所長だより「長崎支所長:荒川」
2018.4月版

一般社団法人 水産土木建設技術センター 長崎支所のホームページをご覧の皆さま、いつもありがとうございます。
平成30年度が始まりました。支所では、昨年度も例年と変わらない業務を行うことができました。ご依頼下さった、また、お声がけ下さいました皆さまに、感謝を申し上げます。


さて、3月と4月は別れと出会いの季節です。お世話になっている県や市町などにおかれましても、沢山の方が異動されました。転出された方の新天地でのご活躍をお祈りいたしますとともに、新しく私どもの担当になられた方には、一層のご指導とご鞭撻をお願いいたします。
当支所でも昨年度の末に松尾照久専門役が退職されました。そして、4月1日には桑本淳二漁場開発部長を調査役に、石丸聡設計第二課長を漁場開発総括課長に任命するとともに、薩摩憲治技術課長を漁港漁村部次長に昇任させていただきました。さらに、本年水産大学校を卒業した和泉圭一さんを調査課の技師に迎え、今年度はこの体制で業務に臨むこととなりました。皆さま方におかれましては、どの様な顔ぶれになったのかを見に、事務所までお立ち寄りいただければ幸いです。


ところで、昨年発生したラニーニャ現象により今年の冬は寒さが厳しく、大雪にも見舞われました。この状態も夏までには解消されると予想されているようですが、エルニーニョやラニーニャといった異常気象が何時も起こるような最近の気象変動に、世界中が気忙しい対応を迫られているような気持ちがしております。
冬が寒い年は、暖かくなると同時に、何時もよりも早く桜が開花すると言われています。長崎半島ではピンクのソメイヨシノに鳥たちが群れ遊び、事務所の前の水辺の森公園では白いオオシマザクラが木々の緑を際立たせています。





















一方で、海の世界ではブリやヨコワの好漁が報道されましたが、その他の魚では苦戦が続いているようです。気象や水温などの環境変化によって変動する水産資源を、いかに管理して持続的な水産業を営むか、漁業者さんや資源を研究している方々は頭を悩ませておられることと存じます。
第一次産業に関係している私どもは、天候に抗うことは難しいのですが、気象や海象が何時もと違っても安心して暮らしていけるよう、今年度も努力を積み重ねて参りたいと考えております。海の環境変化だけでなく、何かお困りのことが生じましたら、気軽に支所までお声がけ下さいますよう、よろしくお願いいたします。


昨年度に引き続き、30年度の第1回も魚鷹(うおたか)とも言われるミサゴで〆させていただきます。この鳥は大空から海にダイブして魚を狩ります。水産資源が増えれば、我々人間も彼らも、より良い生活を営めるようになります。本年度も水産資源の増大や安全で安心な漁村社会の確立にお役に立てるよう、努力してまいりますことをお誓い申し上げます。

































平成30年4月
一般社団法人 水産土木建設技術センター 長崎支所長 荒川 敏久

・ ―― ・ ―― ・ ―― ・ ―― ・ ―― ・ ―― ・ ―― ・ ―― ・ ―― ・ ―― ・ ――

過去の「長崎支所長たより」はこちらから 

 2010.10〜2015.3
2015.4〜2016.3
 2016.4〜2017.3

2017.4〜2018.3





           魚を求めて上空を舞うミサゴ


    ソメイヨシノとメジロ

    ソメイヨシノとヒヨドリ

●長崎支所長だより「長崎支所長:荒川」
2018.5月版

一般社団法人 水産土木建設技術センター 長崎支所のホームページをご覧の皆さま、いつもありがとうございます。

5月になりました。今年も昨年に引き続き、1日と2日を休めば9日連休です。計画的に休暇を取られ、リフレッシュされている方も多いと思います。
とは申しましても、この時期はアワビやウニの潜水漁業が盛んに行われています。新鮮で美味しい魚介類を届けるために祝祭休日に関係なく頑張っておられる、漁業者の皆さまに感謝いたします。

さて、今年はラニーニャ現象で冬が寒かった分、桜が例年より早く開花しました。また、開花後には暫く雨が降らなかったことから、長い間花見を楽しむことが出来ました。そして桜が咲いたと喜んだのは人間だけではありませんでした。冬の間空腹に耐えていた鳥たちも一斉に花に集まって来ました。

















中でも目立ったのはメジロでした。桜のピンクに緑の体が映えます。小さな鳥で目の周りの白いリングも愛らしく、鳥写真の愛好家は桜に集まるメジロを「サクジロー」と呼んで愛でています。今回の写真はカワヅザクラで遊ぶメジロです。頭を花に突っ込んで花粉を食べたり蜜を吸ったりしていました。
一方、ヒヨドリは困り者です。結構大きな鳥ですので、サクラに近寄ってくる他の小鳥を追い払ってしまいます。また、花ごと啄ばんで落としてしまうので、折角咲いている桜が勿体無いと思うこともしばしばありました。写真はソメイヨシノで睨みを利かせているヒヨドリです。縄張り意識があるのでしょうが、満開なんだから独り占めしなくても良いのにと感じながらシャッターを切りました。

話は代りますが、今春も多くの人から余り良い漁はなかったとの話をお聞きしました。例年より冬が寒い年は海藻が良く育つので、藻場を棲家にする多くの魚介類は良く育つに違いないと単純に考えていたのですが、海洋環境と水産生物との関係はそれほど単純ではないと、改めて気付かされました。
近年、従来は異常気象と言われていたエルニーニョ現象やラニーニャ現象が次から次へと起こり、毎年の様に海洋環境が変化していると感じています。
私は、水産業を守り振興するためには、従来とは異なってしまった環境に対応するための知識と技術が必要だと考えています。環境が悪くなったのだから、海藻が減ったり、魚が居なくなったりするのは仕方ないと諦めるのでなく、藻場や増殖礁の造成、またマウンド礁や人工魚礁の設置など、現在開発されている様々な手段を駆使して水産業を守り育てる必要があると考えています。

私ども長崎支所は、水産基盤整備事業の知見と経験をもった職員が、皆さま方の取り組みをお手伝いさせていただきます。何か疑問に感じることや気がかりなことがございましたら、気軽にお声がけ下さい。一緒に考えさせていただきたいと考えております。

今回は大村公園の八重桜で〆させていただきます。桜も人が精一杯お世話をすれば、こんな立派な花になって恩返ししてくれます。我々も海と海に棲む生き物の環境が良くなるよう、出来る限りの努力を続けて参りたいと考えます。































































平成30年5月
一般社団法人 水産土木建設技術センター 長崎支所長 荒川 敏久

・ ―― ・ ―― ・ ―― ・ ―― ・ ―― ・ ―― ・ ―― ・ ―― ・ ―― ・ ―― ・ ――


    ヒヨドリとソメイヨシノ
    メジロとカワヅザクラ













































































●長崎支所長だより「長崎支所長:荒川」
2018.6月版

一般社団法人 水産土木建設技術センター 長崎支所のホームページをご覧の皆さま、いつもありがとうございます。

早いもので6月になりました。梅雨の季節の到来です。我々にとっては迷惑な雨も植物には慈雨。この季節、長崎は初夏の花で彩られます。
今回は5月の花の中から、バラを紹介させていただきます。先ずはピンクのバラ、花言葉は「愛の誓い」だそうです。しかも1本だと「あなたしかいない」の意味が付け加わるので、独身の皆さまには是非その効果をお試しいただきたいと考えます。次に登場願ったのはアプリコット色のバラです。バラの花言葉の中にこの色のものを見つけることが出来ませんでしたので、似ているところでオレンジ色。「魅惑」とか「絆」の意味がありました。2本にすると「この世界は二人だけ」の意味が付け加わります。結婚が決まった、また結婚後の二人を祝うのに良いのではないかと考えます。

















ここまで書いて、ロマンチック過ぎる書き出しになっていることに気付きました。職場のコラムに相応しくなかったかな、と反省です。
そこで、目を海に転じさせていただきます。海水温が上昇し、マグロ、寒ブリ、クエ等の大型魚が旬を外れたと嘆かれている方もいらっしゃると思います。しかし、長崎の魚は冬の大型魚だけではありません。キビナゴやイサキ等、初夏に旬を迎える魚がいます。春先に卵を生む魚たちが多い中で、これらの魚は梅雨時が産卵期。健康な子孫を残すために体に栄養を溜め込んでいますので、食味も一層良くなっています。その他にも、アジやタチウオ等は初夏から盛夏に美味しくなる魚です。そして、何時でも美味しそうに思えるタコもこれから旬を迎えます。地元の人なら夏魚の美味しさをご存知ですが、旅行に来られた方にも是非とも長崎の夏の魚を味わっていただき、目から鱗を落として帰っていただきたいと思っております。

さて、5月30日に、センターの理事会があり、本年度の総会提出議案等が決りました。総会開催日時は6月20日(水)の午後2時からで、1時間程度を予定しております。場所は東京都港区赤坂の三会堂ビルの9階です。また、例年同様、総会終了後に同じ会場で講演会を行います。今年のテーマは「スケッチからはじめるICT」。公立はこだて未来大学の和田雅昭教授が、海のICTについて詳しく話をされます。
会員の皆さま、そしてこのコラムを見て興味を持ってくださった皆さま、是非ご参集下さいますよう、お願いいたします。

途中で仕事の話を挟みましたが、今回は花の写真で〆させていただきます。5月のある日、庭で山アジサイを撮っていましたら、花アブが近寄ってきました。藻場と磯根動物ではありませんが、植物と動物の繋がりを思い返す機会を与えてくれました。



































平成30年6月
一般社団法人 水産土木建設技術センター 長崎支所長 荒川 敏久

・ ―― ・ ―― ・ ―― ・ ―― ・ ―― ・ ―― ・ ―― ・ ―― ・ ―― ・ ―― ・ ――








































































































































































●長崎支所長だより「長崎支所長:荒川」

一般社団法人 水産土木建設技術センター 長崎支所のホームページをご覧の皆さま、いつもありがとうございます。
6月2度目の記事は退任のご報告になりました。拙文にお付き合いいただければ幸いです。

私は平成25年の5月に長崎支所長を拝命し、今月20日の総会で退任をご決定いただきました。5年間を振り返り、この間にお届けできた53回の「長崎支所長だより」を楽しく思い返しております。
月1回、写真入のスタイルで書き始めたのは平成26年の5月からでした。その1回目にはアヤメとシロサギ、アオサギに登場願いました。その後も花や鳥の写真を主体に、現場での調査活動や職員の結婚式、また、学会での発表の様子などを織り交ぜて、記事を書かせていただきました。 軽い読み物として楽しんでいると言われる方もいらっしゃり、それなりの役割は果たせたのかなとは考えておりますが、毎回、水産土木に関する話題が半分以下でしたので、趣味に走りすぎたきらいがあったと反省しています。

そこで、最終回は仕事の話を中心に書かせていただきたいと考えました。
在任した5年間、私の様な生物系の人間が土木工学の分野から水産業を考える機会をいただきました。現在も、水産業にとって最も重要なのは魚を獲ったり利用したりすることである、との思いは変わっていませんが、そのための環境整備には土木工学的な取組みが不可欠なことを知りました。俗に言うソフトとハードの一体化です。言い換えれば、どちらか一方だけでは解決できない課題も、硬軟2つの技術を組み合わせれば解決の糸口を見出せる、ということです。

(一社)水産土木建設技術センター長崎支所は水産基盤整備というハード事業を通じて、水産業の振興と漁村社会の安全・発展に寄与している組織です。そして、その中では水産生物を熟知した専門家がハード事業をどの様に運用しようかと、常日頃から考えています。長崎支所は随分と使い勝手の良い、利用し甲斐のある組織です。
これからも皆さま方の一員として、長崎支所を水産業の発展に向けた協同の一員に加えていただきますよう、お願い申し上げます。
そして、支所を支えてくれている職員の皆さんに感謝を申し上げて、最後のご挨拶に代えさせていただきます。

5年間ありがとうございました。
































平成30年6月吉日
一般社団法人 水産土木建設技術センター 長崎支所長 荒川 敏久

・ ―― ・ ―― ・ ―― ・ ―― ・ ―― ・ ―― ・ ―― ・ ―― ・ ―― ・ ―― ・ ――


    ツルニンジン(蔓人参)
    オオバヨメナ (大場嫁菜)







































































































































































・ ―― ・ ―― ・ ―― ・ ―― ・ ―― ・ ―― ・ ―― ・ ―― ・ ―― ・ ―― ・ ――


●長崎支所長だより「長崎支所長:田添」

一般社団法人 水産土木建設技術センター 長崎支所のホームページをご覧の皆さま、いつもありがとうございます。
就任の挨拶が遅れましたが、このたび、前任の荒川敏久支所長の後任として就任いたしました田添伸と申します。

先に開催された6月20日の総会の承認をもって、本部の常務理事兼長崎支所長として就任以来、早2ヶ月が経ちました。
県内の関係機関や市町などに就任のご挨拶に伺わせていただきましたが、久しぶりに訪れたところも多く、懐かしく感じつつも、やはり長崎県は島をはじめ津々浦々の景色が素晴らしいなとあらためて思いました。
長崎支所では、豊かな漁場や活力ある漁港・漁村づくりのため、最新の水産土木技術と機器を駆使して、県や市町などが実施する様々な漁港や漁場の整備事業について技術的なバックアップに務めているところでありますが、漁港・漁場は、まさに水産業の基盤であるとともに、水産業の振興や漁村社会の安全と発展に大きく貢献するものであり、その整備等における技術的バックアップの重要性をあらためて認識しているところです。
これからこの重要な業務に携わっていくことは、身の引き締まる思いでありますが、漁港・漁場整備の各種事業に精通し経験も豊富な長崎支所のメンバーとともに日々業務に務め、皆様方のお役に少しでも立てるよう尽力してまいりたいと考えておりますので、より一層長崎支所をご活用していただきますよう、どうぞよろしくお願いいたします。
また、漁港管理者支援サービスの充実の一環として、「漁港管理者コンシェルジュ」をおき、皆様方の様々なお困りごとのご相談に応じていくことにしていますので、併せてこちらもご活用いただければ幸いです。
なお、今回は就任後初めてのコラムでしたので、仕事関係の話しだけでしたが、今後は仕事以外のこと(趣味の登山など)も含め、毎月支所長コラムを更新していきたいと思いますので、拙文ではありますが、お付き合いいただければ幸いに存じます。


平成30年8月
一般社団法人 水産土木建設技術センター 長崎支所長 田添 伸(たぞえ のぼる)
























・ ―― ・ ―― ・ ―― ・ ―― ・ ―― ・ ―― ・ ―― ・ ―― ・ ―― ・ ―― ・ ――


          多良山系で出会った可愛い花たち(8月26日)






































































●長崎支所長だより「長崎支所長:田添」

一般社団法人 水産土木建設技術センター 長崎支所のホームページをご覧の皆さま、いつもありがとうございます。
  支所長に就任してから2回目のコラムとなります。
  前回は就任にあたってのご挨拶でしたが、今月は沖縄本島と久米島にサンゴの増殖関係の業務で出張しましたので、そのことに関することをお話したいと思います。
  サンゴは、高価な「宝石サンゴ」(深い海域)と綺麗な環礁などを造る「造礁サンゴ」(浅い海域)の2種類ありますが、我々の仕事に関係するのは造礁サンゴです。
  サンゴ礁は、多様な水産生物が生息し、豊かな漁場を育む場所であり、沖縄など暖かい海域での水産資源の増殖に大きな役割を果たしています。こちらの海域では海のゆりかごと呼ばれる藻場や岩礁などがその役割を果たしています。
  そのサンゴ礁が、高水温による白化現象やオニヒトデによる食害などにより、海域によっては大きく衰退するなどのダメージを受けており、サンゴ礁の保全と再生が強く求められています。
  この解決のため、水産庁や沖縄県においては、サンゴの大量の種苗生産、中間育成、移植などの増殖技術の開発や高水温や環境変化に強いサンゴの生産技術開発などに取り組んでいます。
  これらの業務を、当センターが他の機関と一緒になって受託しており、当センターの久米島サンゴ増殖研究所では、これらの技術開発に日夜取り組んでいますが、特に6月前後の産卵時期は、昼夜関係なく作業や観察に多忙を極めることから、当長崎支所からもその応援のため職員を派遣しています。
  しかしながら、私自身、サンゴの増殖に関してはまったく知らないこともあり、今回、現地に訪問し視察と勉強をさせていただきました。
  サンゴは、成熟期(6〜8月。種により月が異なる)になると卵と精子を一斉に放出(満月の大潮の前後数日)し、受精後2日で幼生となり、数日から数週間の浮遊生活ののち岩などの基盤に着生し、ポリプと呼ばれるイソギンチャク状の形になり、骨格をつくりながら分裂・出芽を繰り返して、自分のクローンである新しいポリプをつくります。
 その後、1年で群体の直径が1〜2cmに成長し、3年で直径約5〜10cm、4年で直径約15〜20cmの成熟サイズに成長します。
 当サンゴ増殖研究所では、産卵から着生、そして直径15〜20cmの大きさまで成長させる過程において、高水温に強い種や生残率の高い種の選抜育種など、様々な研究とサンゴ育成に取り組んでいます。
 この研究所の中心人物であり、この道10数年の中村上席研究員に、いろいろと教えていただきましたが、特に産卵時期は昼夜を問わず土日なしの大変な観察と作業の連続とのことで、頭が下がる思いです。
 今回は、長崎支所から派遣している職員の作業の一つである着生した稚サンゴの数を数える作業を、半日程度だけですが体験させていただきました。顕微鏡写真に写っているのが稚サンゴですが、大きさは約1〜3mm程度(着生基盤が1cm角)であり、1ブロック100個(10×10)の基盤毎の稚サンゴを、ヘッドライトを上や横から当てながら計数していきます。老眼が進行中の私にとっては、特に1mmサイズは、海藻なのか死んだ稚サンゴ(白っぽくなります)なのか、まったくわからないときがあり、若手の和泉技師に何度も確認しながらの作業でしたが、途中からは慣れてきて一人で何とか正確に計数できるようになりました。
  前日には、サンゴの村恩納村の役場に訪問し、サンゴの増殖にかける熱い気持ちを聞かせていただき、次に訪れた恩納村漁協のサンゴ施設でも、当方の増殖研究所が提供したサンゴを、海への移植を終えたばかりの若い女性の方(何と北海道出身)からも熱い思いを聞かせていただきました。
今回は、安室奈美恵さんの最終コンサートで那覇の宿がまったくとれなかったり、台風による船の欠航で、今回の目的地の一つ「美ら海水族館(サンゴの増殖等に力を入れている)」には、残念ながら行けませんでしたが、次に訪問する機会がありましたら、様々な施設にも訪問し、さらに勉強したいと思います。
 今回はじめて久米島を訪れましたが、海が綺麗で地元の料理も最高でした。機会があれば、是非また訪問したい素敵な島です。



平成30年9月
一般社団法人 水産土木建設技術センター 長崎支所長 田添 伸